マレーシアライフ《マレーシア生活情報発信サイト》マレーシアでの生活に役立つ最新情報を発信しています! MalaysiaLife

マレーシアってどんな国?

概 要

国旗

国名 : 正式名称:マレーシア (Malaysia)
首都 : クアラ・ルンプール (Kuala Lumpur)

地理

マレー半島とボルネオ島北部 (東マレーシア)を合わせ、国土面積は3万338k㎡ (日本の面積の9割弱)。国土の4分の3が森林と湿地帯。
半島マレーシアは北部をタイと、東マレーシアはブルネイ、インドネシアと国境を接している。
サバ州には、マレーシアで初めて世界自然遺産に登録された標高4095.2mのキナバル山がそびえる。

人口

2,995万人(2013年現在)
人口の8割以上がマレー半島部に、2割弱が東マレーシアに住んでいる。

民族

マレー系 (67%)、中国系 (25%)、インド系 (7%)、その他(1%)
東マレーシアではマレー人の比率が少なく、かわりにイバン族やカダザン族、ダヤック族などの先住民族(オラン・アスリ)の割合が高い。

言語

マレー語 (公用語)、中国語、タミル語。
英語教育の水準も高く、観光地では英語が主体の場所も多い。日本語に対する取り組みも意欲的で、リゾートエリアのホテルやショップなどでは、日本語が話せるスタッフがいる所も増えている。

気候

マレーシアは熱帯性気候に属し、平均気温は26~27℃、年間降雨量は2000~2500mm、湿度の平均は63~80%と1年を通じて温暖で湿度も高い。
気温の幅は最低と最高で9~12℃前後。マレー半島東海岸とボルネオ島のサバ州、ワラワク州では11~2月の間に雨季(モンスーン)となり、天候が荒れる日が多くなる。
ただし、一部の地域を除けぱ長時間降り続くことはなく、気温も下がり過ごしやすくなる。

宗教

国教はイスラム教。 仏教、ヒンドゥー教、キリスト教、道教、シーク教を信仰する人もいる。

割合は、・イスラム教(61%)・仏教(20%)・儒教・道教(1.0%)・ヒンドゥー教(6.0%)・キリスト教(9.0%)・その他(3.0%)

政治体制

マレーシアは立憲君主制 (議会制民主主義)。
憲法上、国家元首 (国王)が ぺナン州、マラッカ州、サバ州、サラワク州を除く9州のスルタン(統治者) の中から選出される (任期は5年)。国王は首相や内閣を任命する権利や国軍の最高司令官としての統帥権などを有している。
現首相はナジブ・ラザク氏である。

※マレーシアでは、むやみに政治の話をするのは危険。
旅行者とはいえ 政治体制を批判・中傷するような言動や態渡は慎みたい。

経済

典型的な第1次産品輸出国で、おもに錫(すず)、パーム油、原油を産出・輸出している。
1人当りGNPは1万0,073米ドル(2015年)
長期経済政策の柱として(1)人種間の差別なく貧困の撲滅を達成する(2)社会の再編成を行い、マレー人、先住民族の経済的な地位の向上をはかる(=プミプトラ政策)、の2つが掲げられている。

食べ物

マレーシアは食通もうなるグルメ天国として知られる。
豊富な魚介や農作物に恵まれたこの国では、マレー料理を中心に中国南部の福建・広東料理やタイ、インドなどさまざまな料理が楽しめる。
また、16世紀ごろからマレーシアに進出したヨーロッパ各国の勢力は食文化にも影響を及ぼしている。
マレーと中国文化の融合から生まれたニョニャ料理はその典型的な例だ。
店の種類も多種多様で、クアラ・ルンプールやジョージタウンなどの大都会ともなれば、屋台から高級レストランまで予算と目的に応じて選ぶことができる。

国民性

複合民族国家であるマレーシアでは、宗教を軸にそれぞれの国民気質も多様性に富む。
主流であるマレー系の人々の文化は基本的にイスラム教にのっとったもので戒律は厳しく、人々はコーランの教えである六信五行を日常生活の礎としている。
街には至る所に礼拝堂があり、信者は毎日お祈りを欠かさない。
一方、中国系の人々は同郷の者同士のコミュニテイー意識が強く、半島部の西海岸では住民のほとんどが中国系で占められる街をよく見かける。
インド系も同様で、インド南部からやってきたタミル人やテルグ人がそれぞれの地域社会を形成し、共存をはかっている。
そんな中にあって、独特の伝統文化を守り続けているのがオラン・アスリ。
彼らの多くは今も伝統的な家屋に住み、狩猟や採集などをして生計を立てている。
しかし時代は変わり、一部では観光に依存する部族も出てくるなど、生活の様相は徐々に変わりつつある。

カルチャー

マレーシアには、それぞれの民族固有の伝統的な文化が生み出したさまざまな民族舞踊やお祭りが各地にある。
観光地では、それらをわかりやすく説明しながら実演してみせるカルチャーセンターがあり、ガイドの説明を受けたり、食事をして楽しみながら観賞できる。

祭り・催事

国を挙げての一大イベントから民族的行事まで数多くの祭事がある。

通貨

単位:マレーシア・リンギット(RM)とマレーシア・セン (SEN) がある。
1リンギットは100センで日本円に換算すると約25円 (2016年7月現在)
※日本ではリンギットの換金は原則として不可。

日本との時差

マレーシアは日本より1 時間遅れ。日本出国時の時刻は、現地に着いたら1 時間戻すことになる。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional